Blog&column
ブログ・コラム

生前整理をする目的やエンディングノートの書き方について

query_builder 2021/01/28
コラム
academic-book-business-concepts
エンディングノートをご存知でしょうか?
自らが生きてきた証を家族のために残すためのノートです。
自身にとっても「残された人生をどう過ごすか」を見つめな直すいい機会となるでしょう。
そこで今回は、エンディングノートで生前整理をする目的や書き方をご紹介します。
▼生前整理をする目的
ずばり「家族のため」と「自分のため」です。
・家族のため
生前中に意思表示できなくなった、亡くなった後に家族が困らないように書き記しておくということです。
認知症になり判断力がなくなってしまったときに自分の考えを遺すことで、家族がスムーズに決断しやすくなるためです。
また終末期医療に関する自分の考えや意思を遺すことで、告知するか、延命治療をするか家族の判断しなければならない時に助かります。
・自分のため
自分自身を振り返るきっかけになったり、自分の生きていく活力にもなります。
また家族に残しておかなければならないものが明確になることもあります。
▼エンディングノートの書き方
■葬儀について考える
自身が亡くなった際、初めに考えるのはお葬式です。葬儀の規模や参列者、喪主は誰にするかなど書き記しておくと遺族はとても助かるでしょう。
■財産について
故人が残した財産は、細かな手続きが必要になります。
種類ごとに項目を作り具体的に記しておきましょう。
現金や預貯金、生命保険など自分名義の財産を全て書き出してみましょう。
■ペットについて
ペットを飼っている方は、残されたペットのために書き記しておきましょう。
ペットの種類や名前、性別や年齢、かかりつけの病院名や電話番号、住所などを具体的に書き遺族がペットの世話をしやすいようにしましょう。
■大切な人へのメッセージ
お世話になった先生や友達、家族など直接言えなかった想いなどを書き記しておくと良いでしょう。

エンディングノートは自分にとっても家族にとってもとても大切なものです。
生前整理をする際はエンディングノートを活用しましょう。

NEW

  • 解体中です、便利屋イケモト

    query_builder 2021/03/08
  • 解体中です、便利屋イケモト

    query_builder 2021/03/08
  • 流し台のホース交換

    query_builder 2021/02/16
  • 屋根瓦の部分塗装工事をしました

    query_builder 2021/02/16
  • 便利屋イケモトです

    query_builder 2021/02/15

CATEGORY

ARCHIVE